箱根山噴火の恐れ、地下の圧力はいまだ上昇中 - ホットなニュース 調査隊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読み終わったらクリックしていただけると助かります⇒ブログランキング

箱根山噴火の恐れ、地下の圧力はいまだ上昇中

hakone.png

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150605-00000078-jij-soci


 気象庁は5日、神奈川県の箱根山・大涌谷周辺で4日に行った現地調査の結果を発表した。大涌谷の温泉供給施設から噴出する蒸気の勢いは弱まり、火山性地震の回数も減った。地殻変動の観測では、地下の浅い所の膨張は収まったように見える一方、深い所ではマグマで熱せられた地下水などによる圧力が高まる傾向が続いているという。

 噴火警戒レベルを1から2(火口周辺規制)に引き上げ、小規模な水蒸気噴火に警戒を呼び掛けてから1カ月となるが、気象庁の小久保一哉火山活動評価解析官は「火山活動は活発で、地下の浅い所の膨張が収まったからといって警戒レベルを下げられる状況ではない」と述べた。

以下略



関連記事
読み終わったらクリックしていただけると助かります⇒ブログランキング
トラックバック

http://kininarys.blog.fc2.com/tb.php/433-9fcc056a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。