【驚愕】紙のような状態から自動で変形して動くロボットが発表 ハーバード大学 - ホットなニュース 調査隊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読み終わったらクリックしていただけると助かります⇒ブログランキング

【驚愕】紙のような状態から自動で変形して動くロボットが発表 ハーバード大学

折り紙ロボット
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00000010-jij_afp-sctch


【AFP=時事】平らな1枚の紙のように地面に横たわった状態から、まるで生きているかのように起き上がり、折り紙アートを思わせる動きで変形して、這うように歩き出す──こんな新型ロボットを、米ハーバード大学(Harvard University)などの研究チームが7日、発表した。将来的に、宇宙探査や建物崩壊現場での捜索活動、組み立てラインの製造速度の高速化などに貢献することが期待されるという。

中略

 ロボットは紙を含む複数の層が重なってできており、中間の銅でできた層はエッチング(薄膜の一部を除去する方法)で配線が作られている。また外側の層は、温めると折り曲がる形状記憶ポリマーでできている。ひとりでに組み上がる家具や被災地用シェルターへの応用も考えられるという。

以下略





まさに宇宙探査向きの発明品!
そのうちドラゴンボールみたいに「カプセルを投げたら家が出てくる」ような発明品も出来るんでしょうか?楽しみです。

関連記事
読み終わったらクリックしていただけると助かります⇒ブログランキング
トラックバック

http://kininarys.blog.fc2.com/tb.php/396-52e466aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。